限られた敷地で、ゆったりとした暮らしを育む木の住まい。

SRさま

郷の家 SRさま邸

新婚生活は自分たちの家で。そんな思いで結婚前から住まいづくりを考えていたというSRさんご夫婦。土地が決まっていたことから、それに応じた間取りや設計にこだわり、夫婦二人でスタートする住まいになりました。ロフトや和室を設け、しっかりとして、温もりある無垢材の家で、ゆったりできる暮らしをかなえることになったSRさんご夫婦に、トミソーと二人三脚で進めた家づくりのお話を伺いました。

img_1783

住宅展で一目惚れでした。

Q)家を建てようと思ったのは?

ご主人:結婚したら、最初から自分たちの家に住みたいと思っていました。だから結婚を決めたと同時に、家を買うことを決意したのです。

奥様:主人が、私の家へ挨拶に来たときには『トミソー』さんのパンフレットがすでに手元にありましたね。

img_2179

Q)『トミソー』はご存じでしたか?

ご主人:いえいえ。住宅展でたくさんのハウスメーカーさんの家を見学し、正直なところ、どこで建てても同じかなと少し思いました。『トミソー』さんのモデルハウスにも入ったところ、玄関を入った瞬間に一目で気に入りました。なにしろ雰囲気が温かい。「こんなに違うものなのか」と。しっかりした構造も実感できました。翌日も足を運んで話を聞きましたが、一緒に来た父も「いいな」と納得でした。
ほかのハウスメーカーさんに「木の家にしたい」と言うと、必ず「将来的に反ったり隙間ができたりする」など不安になるような説明しか受けられませんでした。でも『トミソー』さんは「『夢ハウス』の技術で、しっかりと乾燥した木材を使っているので大丈夫」と太鼓判をおしていただけたんです。

奥様:何度かモデルハウスへ通っているうちに、「『トミソー』さんの家に住むんだな」と思うようになりました。何ヵ所も見学に行きましたが、心の中では「やっぱり木の家がいいな」という気持ちがあったんです。

img_1877

私たちの立場に寄り添った資金相談がありがたかった。

Q)木以外の部分では、どこが気に入りましたか?

ご主人:ロフトが一番です。1階からロフトまで階段でつながっていて、まるで3階のような感じで使いやすそうでした。祖父の住んでいた土地に家を建てることが決まっていて、そこはあまり広い場所ではないので、ロフトがあることで、その狭さをカバーできるのがうれしかったですね。

Q)新しい家で、こんなふうに暮らしてみたいという想いはありますか?

奥様:キッチンもこだわって一緒に選んでくれたので、手料理を作るのが楽しみです。家を一番くつろげる場所にしたいと思っています。

img_1959

Q)個別資金相談会や伐採体験ツアーなどにも参加されていますね。

ご主人:個別資金相談会と、新潟の伐採体験ツアーに参加しました。10年経った家がどうなっているのかも実際に見せてもらったのですが、経年変化で味わいが増してよかったです。工場見学では、乾燥をどれほどしっかりしているのかを実感できました。

奥様:見学することで“しっかりしている”という確信が持てましたね。
個別資金相談会は、“私たち”のために行っていただけるのがとてもありがたかったですね。将来のことまで見据えたシミュレーションを具体的にしてくださいました。

img_1889

間取りにこだわり、いろんな要望がかなえられました。

Q)設計には、どんなこだわりが取り入れられていますか?

ご主人:クリスマスに宿泊体験をさせてもらいました。自分たちの家は小さいこともあって薪ストーブにする予定はありません。でもせっかくの宿泊体験だし、薪ストーブを使わせてもらいましたが、やっぱり、家中どこにいても暖かいんですね。
土地が狭いこともあり、間取りにはこだわりました。パソコンの画像を自分で動かして、なるべくリビングが広くなるように考えたり収納の位置を変えてもらったり、2Fにサンルームを確保してもらったりと、いろんな要望を叶えてもらいました。一番のこだわったのは、和室を設けたことです。和風の家で暮らしてきたので、畳の上でくつろげる空間が欲しかったんです。どんな希望にも即座に対応してくださって、みなさんの誠意を感じました。

奥様:正直、和室が確保できるとは思っていませんでした。

img_1931

Q)起工式も行われましたね。

ご主人:実際に職人さんたち一人ひとりの顔を見る機会を作ってもらえるとは思っていませんでした。自分たちも「家が建つ」という実感が持てました。

奥様:ブログに建築中の写真がアップされていると聞くと、すぐにチェックしています。本当にうれしいです。

SRさま